ここでは、PCの自作/改造や、Windows の高速化を素人なりに頑張って行きます!!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/26(月)09:40
さて、昨日の続きです!!

Gavotte Ramdiskで作ったRAMディスクに、
仮想メモリーを設定するだけなのですが、
Gavotte Ramdiskの設定が面倒です。

インストールとRAMディスクを作るまでは簡単なんですけどね!!

注:バッチファイルの作り方??コマンド??
  レジストリの書き換え??なんじゃそりゃ??
  と言う方は、Gavotte Ramdiskは、難しいかも。
  詳しいインストール、設定の仕方は、
  Gavotte Ramdisk まとめWIKIなどのサイトを参!!

私の場合は、メモリーを8G積んでいるので、
OS管理外に4.74GのRAMディスクが出来ました!!

次にする事は、RAMディスクを、FAT32からNTFSに、
フォーマットします、これが面倒!!
バッチファイルを作り、毎回NTFSにフォーマット
するように指定します!!

あとは、好きなだけ仮想メモリーを設定するだけです!!

これで、メモリー不足に悩まされなくなるかも!!

他の仮想メモリー設定との比較!!

1、仮想メモリー0設定
HDD,SSDにアクセスしないのでWindowsの速度は安定するが、
メモリーの要領を超えるとエラーを吐いて、最悪、再起動!!

2、仮想メモリーをHDD,SSDに設定
メモリーの要領を超えるとHDD,SSDにアクセスを繰り返し、
Windowsが速度低下、また、SSDに関しては、書き込みが増えるので
寿命も短くなる。

3、仮想メモリーをRAMディスクに設定
メモリーの要領を超えるとRAMディスクにアクセス、
実質、メモリーからメモリーなので高速!!
メモリーを大量に使う作業をしてもWindowsの速度が落ちない!!

ちなみに、いつもメモリー不足に悩まされている
絵の職人さんなどは、メモリーを限界まで積んで、
RAMディスクをRAMディスクに設定するとよいかも!!

ま、64bitにするのが一番早い様な気がするが。

スポンサーサイト
2010/07/25(日)12:48
久々にWindows7(32bit)爆速化計画です!!

まず、前回のおさらい!

マッハドライブを導入して、Cドライブ(SSD)と
Dドライブ(HDD)にキャッシュを256Mづつ割り当て。

TEMPフォルダーやブラウザーのキャッシュやソフトや
その他もろもろをDドライブ(HDD)に移動。

と、こんな感じでしたが、今回は、マッハドライブの弱点を
克服して行きたいとおもいます!!

私が、マッハドライブを使い始めて一番困ったことは、
メモリー不足です。(32bitはしかたない??)

マッハドライブはメモリーに、最大512MBのキャッシュを作ります。
32bitは3Gちょっとしかメモリーを認識しないのに、
キャッシュ+マッハドライブを起動している分のメモリーが
使えなくなるので、メモリーを大量に使う作業をすると
メモリー不足になります。

私は、Windowsの高速化とSSDを長持ちさせる為に、
仮想メモリーを0にしている為、結構きつい!!

と、いうことで、、またRAMディスクを復活して、
RAMディスクに仮想メモリーをつくります!!

注:RAMディスクを作るソフトは、Gavotte Ramdiskを使います!!
  RamPhantom 7 などは、仮想メモリーを設定できないので、
  Gavotte Ramdiskを使います!!

とりあえず、今回はここまで!!
長くなるので、詳しいことは次回と言う事で;;

ちなみに、Gavotte Ramdiskは、コチラのサイトでダウンロード出来ます!
Gavotte Ramdisk まとめWIKI

マッハドライブ詳細、ダウンロードはコチラ!!



2010/03/09(火)06:27
さて今回は。

マッハドライブを導入して、Cドライブ(SSD)とDドライブ(HDD)に
キャッシュを256Mづつ割り当ててるのですが、速度がRAMディスク並
に読み書きが速度が速いです!!

そこで、私はおもいました!!

RAMディスクいらなくね??

という事で、今までRAMディスクに割り当てていた、TEMPフォルダーや
ブラウザーのキャッシュやソフトやその他もろもろをDドライブ(HDD)に
移動させてみました。

Cドライブ(SSD)は、ほぼOSのみ!!

体感速度は、ブラウザー、ソフト、OS共にRAMディスクに一時ファイルを
割り当てていた時と、ほぼ互角でした!!

こ、これは、、。

要領を気にしながらRAMディスクを使うよりイイかも!!


マッハドライブ詳細、ダウンロードはコチラ!!
2010/03/04(木)06:39
これまで色々Windowsの高速化/軽量を試してきましたが、
今回は、これまでで効果があった物を書いときます。
(そろそろまとめて置かないと、何をやったか忘れてしまうので)
ちなみに、このブログは90%以上の方が、Windows 7 高速化/軽量化
で検索して来て下さいます!!
あまり、役に立たない情報ばかりでゴメンナサイ。
このブログは、自分が忘れないようにメモ的に書いてるだけなので。

と、言うことで!!

Windowsの高速化に効果があったのは!!

私の使ってるOS:Windows 7 Home Premium (32bit)

まず、メモリー増設です、やはりメモリーが足りないと始まらない!!
私は、ただいま8G積んでいます。

32bitだと3GちょっとしかOSが認識しないのですが、
残り5G弱をRAMディスクに使うために、あえて8G積みました。

効果のほどは、OSの起動がはやくなった、OSやアプリの動作が速くなった。
HDDにアクセスがが減り、あまりカリカリ言わなくなった、
(SSDの場合は、アクセスがが減ので寿命が延びる)など。
メモリー増設は、簡単で一番効果があります!!
逆に言うと、メモリーが足りないとWindowsの高速化は無理に近いかも??

つぎは、HDDからSSDに変装!!
SSDは早いとは聞いていましたが、ここまではやいとは!!
SSDにOSを入れるとマジで早いです。

注:SSDを買うときは、キャッシュを搭載していて、
Trim対応の物を選んだ方が良さそうです!!
キャッシュを搭載していないと、プチフリに悩まされます。

つぎは、RAMディスクです!!
私は、OS管理外の5G弱をRAMディスクに割り当て、
ブラウザーのキャッシュ、TEMPフォルダー、
重いアプリの作業領域などにつかっています。
ブラウザーのキャッシュやTEMPフォルダーをRAMディスクに
割り当てると、OS,アプリ、ブラウザーが高速になります!!

2010/02/27(土)20:11
前から気になっていた、マッハドライブを導入していました!!

設定は、こんな感じでディスクを選んで、バッファーサイズを調整するだけです!!

ちなみに、下の画像は、Cドライブ(SSD)とDドライブ(HDD)に、
バッファーサイズを132MBづつ割り当てたところです!!

注:マッハドライブは、OS管理内のメモリー内にバッファーを作るので、
  32bitだと、あまり多く割り当てるとメモリー不足になるかもです!!

マッハドライブ

それでは、ベンチ結果です!!

まずは、Cドライブ:HMSM064G-10 64GB 2.5インチSSDから。

マッハS

と、とんでもない速度をたたき出してます!!

つぎに、Dドライブ:SEAGATE ST3320418AS(320GB )です。

マッハH

こちらも、とんでもないはやさ!!
なぜか、SSDより、HDDの方が早くなってる??

結果、ベンチ的にはSSDでも、HDDでも、RAMディスク並に早くなった!!

ま、当たり前なんですけどね、このソフトは、メモリーにキャッシュを置いて
CPUとメモリーの間で、情報をやり取りしていてPCがアイドルの時に、
ドライブに書き込むので、実際にSSDやHDDが早くなってる分けではない。

OSの反応速度は、私の環境では、あまり変わらず。
すでに、RAMディスクにTEMPとブラウザーのキャッシュを割り当てているので
体感速度は変わらない。

しかし、ファイルの圧縮、解答、移動、コピーは、目に見えて早くなってる!!

SSDの寿命も延びるらしいので、気に入りました!!
私が思うに、このソフトは64bitの方が実力を発揮しそう!!


マッハドライブ詳細、ダウンロードはコチラ!!


プロフィール

ぺちゃ改

Author:ぺちゃ改
PC-改へようこそ!


カテゴリ
最新記事
リンク

SEO The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
  • seo

このブログをリンクに追加する

pixivはじめました

ブロとも申請フォーム
フリーエリア

Google PageRank Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

相互リンク by 相互リンクのBloggyPro

ランキング参加中!!


みなさん応援ヨロシクです



人気ブログランキングへ

まるるサーチ



ページビューランキング



アクセスランキング


ランキング参加はコチラ!!

管理人のおススメ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。